後援会会則

後援会会則

(名称)

第1条
この会は、「朝赤龍太郎後援会」(以下「本会」)と称する。

(目的及び主な活動内容)

第2条
本会は、朝赤龍太郎を応援するとともに、その活動の支援及び宣伝・広報活動、会員間の親睦推進活動、その他、本会の目的達成のために必要な事業を行う。

(参加資格)

第3条
本会は、朝赤龍太郎を応援し、本会の目的に賛同する個人を会員とする。

(入会及び入会金、年会費)

第4条
本会に入会を希望する者は、所定の様式に必要事項を記入し、入会金5,000円を納入し入会するものとする。
2.会員は、入会時に上記入会金と共に、年会費(10,000円/口)を納入する。
3.脱会時の入会金、年会費の返還は行わない。

(会員資格の更新)

第5条
会員は、年会費を納入することによって会員資格を更新することができる。
2.やむをえない事由によらず、2年間年会費の納入がない会員はその資格を失う。

(除名)

第6条
本会の目的に反する行為等があった場合、役員会の議決を経てその会員を除名することができる。

(役員)

第7条
本会に次の各号に掲げる役員を置く。
(1)会長   1名
(2)副会長  2名
(4)監査役  1名

(役員の選任)

第8条
役員は総会において会員の中から選任する。

(役員の任期)

第9条
役員の任期は2年とし、再任は妨げない。

(役員の役割・任務)

第10条
会長は、会務を総理し本会を代表する。
2.役員会は、適時会長が招集する。
3.理事は、役員会の会務を執行する。
4.監査役は、本会の会務の執行及び会計を監査し、必要に応じて各会議に出席し意見を述べることができる。

(役員会)

第11条
役員会は、会長、副会長、理事、監査役をもって構成する。
2.役員会は、適時会長が招集する。
3.役員会は、役員の過半数以上の出席により成立し、出席役員の過半数をもって議決する。
4.役員会は、次の各号に掲げた事項の審議を行い議決する。
(1)本会の事業計画、予算・決算、役員等の選任、会則の改訂、その他
    次項の執行
(2)本会の組織及び運営に関する事項
(3)その他

(会計年度及び運営資金)

第12条
本会の会計年度は、毎年11月1日から翌年の10月31日までとする。
2.本会の運営資金は、入会金、年会費、寄付金その他をもってこれにあてる。
3.会計責任者は、役員会において選任する。
4.本会の会計状況は、年1回役員会の審議と監査役の監査を経て役員会に報告、承認を受けるものする。

(細則)

第13条
本会則に定めのない事項は役員会において協議する。

(附則)

本会則は、2015年11月1日より施行する。